食の健康達人

HOME > 栄養士からの一言

栄養士からの一言 分かりやすくアドバイスします♪
不安や心配を少しでも和らげるお手伝いができる管理栄養士になれるように
管理栄養士:T.I さん  

以前、患者様に「俺は太ってて内臓脂肪が多いから高脂血症になったりするんかなぁ」と、ふいに尋ねられたことがあります。
簡単な受け答えはできましたが、なぜ肥満はいけないのか、内臓脂肪型肥満と高脂血症のつながりなど、心配されていることを詳しく説明することができませんでした。
患者様が帰られてから
「もっとうまく説明してあげればよかった」と、自分の力不足を感じました。

 

日々、患者様と触れ合っていく中で、学ぶことや気づかされることがたくさんあります。
この出来事がキッカケで、最近話題になっていることや患者様がよく手に取るパンフレットなど見て、今、どんなことに興味をお持ちなのか気にかけるようになりました。そして、いつ尋ねてこられてもお答えできるように心がけています。
なかなか思うようにはできず、悔しさを感じることのほうが多いです。
それでも、いつか患者様の不安や心配を少しでも和らげるお手伝いができる管理栄養士になれるように頑張ります。

 
『また相談に来ますね』初めての栄養相談で患者さんからいただいた言葉です。
管理栄養士:Y.Fさん   毎日の食事や運動のしかたを中心に、コラーゲン、ブルーベリーなど今話題のサプリメントについてもお話させていただきました。
その患者さんはおやつをつい食べ過ぎてしまうことを気にされていたので、普段食べているおやつのカロリーがどのくらいあるかを知ってもらい、食べるタイミングについてもお話しました。
まだまだ未熟で言いたいことがうまく伝わっているかどうか、とても不安でしたが「よくわかりました。○月○日にまたお薬をもらいに来るので、そのときまたお話聞かせてくださいね。」と言っていただき、とても嬉しかったことを覚えています。
 

2回目の栄養相談のときにはその日に受けた検査結果を見せていただき、私が「検査値がちょっとよくなりましたね。」と言うと、「そうなのよ〜^^」と、とびきりの笑顔で言っていただけたので、少しホッとしました。

さまざまな患者さんに合わせた栄養相談はとても難しいということを知ると同時に、とてもやりがいのある仕事だなと実感しました。
薬だけに頼るのではなく、食事にも気をつけ、適度に運動をし、十分な休養をとらなければ病気はよくなりません。
一人ひとりの患者さんに合わせたアドバイスができるよう、これからも頑張っていきたいです。
栄養相談を通じて一人でも多くの患者さんの手助けが出来ればいいなと思っています。

 
風邪にもおすすめ!「アジと夏野菜のさっぱりドレッシング和え」
管理栄養士:S.Tさん   「えいようしさんの アジのごはんを作ってたべたら、かぜがなおりました」

このあいだ、こんなお手紙を7才の患者さんからいただきました。私の薬局では、毎月2回、旬の食材を使ったレシピを作って待ち合いに置いています。
この夏はアジ、トウモロコシ、蕎麦、ゴーヤ、枝豆、桃などをとり上げました。食べ物の働きや、その季節におすすめの理由を、薬膳の話も取り入れながら紹介しています。なかなかみなさんに好評のようで、バックナンバーを求められる方も増えていて嬉しく思います。
 

お手紙をくれた患者さんは少し腸が弱いようだったので、おなかを元気にする方法や、風邪を ひきにくくするごはんのレシピをお返事と一緒にお送りしました。

何日かして、かわいらしい女の子が「またごはんの紙をください」と、お母さんと一緒にご来局。
こんなほのぼのしたふれあいがあるのも、地域に密着した薬局だからかな、と嬉しく思いました。

 


活躍!栄養士さんのお仕事

このページのトップへ

薬剤師国家試験対策
国家試験への道   国家試験への道
講師から国家試験合格へ...
これからの心構え   これからの心構え
国家試験予備校校長...
プロが教える勉強法   プロが教える勉強法
国試のプロが...
心の相談室
アルカ調剤薬局
アクセスマップ
Copyright(C) ARKA Pharmacy All rights reserved.