食の健康達人

HOME > 管理栄養士が作る 薬食同源!旬レシピのご案内

管理栄養士が作る!薬食同源!旬レシピのご紹介
  旬の野菜や果物には、その季節に必要な栄養素がたっぷり健康!おいしい!簡単!をモットーに、管理栄養士が、旬の食材をたっぷりつかったオススメのレシピをご紹介します。

あんかけ湯豆腐
あんかけ湯豆腐
材料(2人分)
●豆腐(半丁)、鶏ミンチ(100g)、絹さや(20枚)、
人参(1/2本)、シメジ(1/2パック)、生姜(1カケ)、片栗粉(大サジ1)、醤油(大サジ)、酒(大サジ1)、ダシのもと(少々)、ごま油(小サジ1)栄養成分(1人分)
●エネルギー:233kcal、食物繊維:3.2g、塩分:1.7g
カリウム:615mg、ビタミンB1:0.24r、ビタミンB6:0.52r
 
栄養成分
  エネルギー:233kcal、食物繊維:3.2g、塩分:1.7gカリウム:615mg、ビタミンB1:0.24mg、
ビタミンB6:0.52mg
 
 
作り方
  (1) 人参は千切り、シメジ゙は石づきをとってほぐし、生姜はみじん切り。絹さやはスジをとって斜めに切る。豆腐を茹でて温める。  
  (2) フライパンにごま油と生姜を入れて熱し、ひき肉を炒める。人参を加え炒め、水とだしのもとを8分目まで入れる。  
  (3) シメジを加えて醤油・酒で味付け。片栗粉を水で溶き、とろみをつける。絹さやを最後に加え、器に入れた豆腐にかける。  
 


新ゴボウと豆のサラダ
材料(2人分)
●豆腐(半丁)、鶏ミンチ(100g)、絹さや(20枚)、
人参(1/2本)、シメジ(1/2パック)、生姜(1カケ)、片栗粉(大サジ1)、醤油(大サジ)、酒(大サジ1)、ダシのもと(少々)、ごま油(小サジ1)栄養成分(1人分)
●エネルギー:233kcal、食物繊維:3.2g、塩分:1.7g
カリウム:615mg、ビタミンB1:0.24r、ビタミンB6:0.52r
新ゴボウと豆のサラダ
 
栄養成分
  エネルギー:118kcal、食物繊維:6.3g、塩分:0.7g  
  ゴボウはきれいに洗い5ミリ幅に切る。鍋に入れて茹で、沸騰したら豆、コーンを加える。火が通ったらザルで水を切り、ボウルで調味料と合える。ベビーリーフなどと一緒にさらに盛る。  
 

薬食同源…食べ物の働きを知る
  【豆腐】
消化吸収がよく胃腸に優しい、大豆製品です。ビタミンやカルシウムなどのミネラル、今注目のイソフラボンなども豊富で、健康・美容の気になる方にたいへんおすすめです。
 
     
  【豆類】
大豆、小豆、枝豆から、ひよこ豆、インゲン豆、ソラマメ、黒大豆・・・豆は意外と種類が豊富。もちろんそれぞれに栄養の特徴がありますが、共通しているのは食物繊維がとっても多いこと。日本人は特に食物繊維が不足しがちなので、ぜひ豆類をどんどん食事に取り入れましょう!
 
     
  【新ゴボウ】
秋が旬のゴボウに比べ、香りがよく柔らかいのが特徴です。食物繊維が多く、便通の改善やコレステロールの排泄に効果的。皮の部分に栄養素が多いので、洗うときはタワシでこする程度でOK。
 
 
薬食同源…こんな症状が気になる方
豆(大豆製品)は、毎日食べたい食べ物のひとつです。とはいえ、薬局に来られる患者さんをみていると、なかなかきちんと摂れている方が少ないように感じます。
豆にはいろいろな種類がありますが、共通しているのは、食物繊維がとっても多いこと!
食物繊維は、腸の掃除をして便秘などを撃退してくれたり、余計なコレステロールを体の外に出してくれたりと、現代人には欠かせない栄養素です。
特に大豆にはイソフラボンや大豆たんぱくなどが多く、メタボや骨の健康が気になる方に特におすすめです。
朝の納豆やとりあえずの枝豆から、ひよこ豆のカレー、赤インゲンのサラダなど、豆はいろいろな料理に意外にマッチします。
ぜひ毎日の豆習慣、始めてみてはいかがでしょうか。

このページのトップへ

薬剤師国家試験対策
国家試験への道   国家試験への道
講師から国家試験合格へ...
これからの心構え   これからの心構え
国家試験予備校校長...
プロが教える勉強法   プロが教える勉強法
国試のプロが...
心の相談室
アルカ調剤薬局
アクセスマップ
Copyright(C) ARKA Pharmacy All rights reserved.