先輩の声

HOME > Voice 先輩の声 > 京都薬科大学

Voice 先輩の声

京都薬科大学

患者さんにとって身近な薬剤師を目指して


薬剤師 M . S
薬の管理だけではなく、栄養面や精神面からも、患者さんをケアできる薬剤師になりたいと思い、管理栄養士も配置されているアルカに決めました。実際に薬剤師の先輩方が、親切で丁寧な服薬指導をされている様子を拝見し、先輩方のような患者さんの立場を考えた対応ができるようになりたいと思いました。今は、店舗に配属されて2ヶ月目に入り、先輩方に調剤や医療事務の仕事を教えて頂いているところです。まだまだ勉強することが多いですが、実際に調剤した薬が患者さんの手元にわたるようになり、薬剤師としての責任を日々強く感じるようになりました。もっと知識を深め、常に温かい対応を心がけ、いずれは患者さんから信頼されて気軽に相談されるような、身近な薬剤師になりたいと思います。

多くの種類の診療科の処方箋を扱える医療ビルです


薬剤師 G . I
私は充実した新人研修制度とひとつの薬局で多くの種類の診療科の処方箋を扱える医療ビルという特徴に惹かれ入社を決めました。実際に入社し感じることは、研修以外にも普段の業務中でも先輩方は薬剤師として成長するためのさまざまなアイデアを教えてくれるということです。問診時の会話のきっかけなど経験しないことには身につかないことを教えてくださるので知識以外の面でも成長していることが感じることができます。日々勉強の毎日ですが大変充実しており早く患者様から信頼される薬剤師になれるようがんばっています。

常に「昨日より成長した自分」をイメージしています


薬剤師 K . Y
今、私が働いている薬局は決して大きいとは言えません。しかし、規模が小さい分新人の私にも求められるものは先輩と同等のレベルです。
一薬剤師、一社会人として、常に「昨日より成長した自分」をイメージしながら、知識を増やし、様々な業務を覚える毎日です。

VOICE(先輩の声)
薬剤師 Y . Y
≫詳細を見る
薬剤師 A . I
≫詳細を見る
   

京都薬科大学の愛学躬行の理念

医療に関する幅広い専門知識、豊かな教養と人間性、高い倫理観を兼備した医療を支える薬剤師を養成する。さらに、高度な薬学専門知識を生かした先導的研究により、臨床面のみならず創薬科学、環境科学、社会薬学などの分野で貢献できる有為な人材を育成する。

京都薬科大学のHPはこちらから




薬剤師国家試験対策
国家試験への道   国家試験への道
講師から国家試験合格へ...
これからの心構え   これからの心構え
国家試験予備校校長...
プロが教える勉強法   プロが教える勉強法
国試のプロが...
心の相談室
アルカ調剤薬局
アクセスマップ
Copyright(C) ARKA Pharmacy All rights reserved.