先輩の声

HOME > Voice 先輩の声 > 富山大学

Voice 先輩の声

富山大学

 
調剤はスピードとゆとりのバランスが大事


薬剤師 R . Y

薬剤師として働くにあたり、初めはより患者さんと接する機会の多い病院で働きたいと思っていました。
しかし今は医薬分業という方向に進んでおり、病院でも多くを院外処方箋として出していく様になっていると言う話を聞きました。
アルカの会社説明を受けたときに、

・医療ビルという病院に近い形である(様々な処方が来る)
・医師、薬剤師、栄養士が連携して仕事を行っている

という点で深く印象を受けました。また、患者さんと接するという面でも大型薬局なので様々な患者さんが来局されるため、多くの経験が積めるのではないかと思い入社を決めました。

入社して2週間の研修では調剤、マナーを始めとする様々なことを学びました。
実際に働いてみて、その中でもコミュニケーションに関することがためになっています。特に初めの頃は受け付け業務など、患者さんと直接お話する機会が多いです。適切な敬語や対応の仕方など、患者さんに不快な思いをさせないために大変役立っていると思います。
調剤についてはスピードとゆとりのバランスが大事だと感じます。
患者さんは待たれているので、出来るだけ早く調剤を行わなければならない。かといってミスを犯しては絶対にいけない。急ぐけど、焦らないということを心がけて仕事を頑張っていきたいと思います。
現段階では、まだ監査や投薬などは行ってないのですが、薬についての知識をより多くつけ、先輩方に追いつけるよう日々学んでいきたいと思います。

 

 
薬剤師として高いスキルを身につけたい


薬剤師 Y . M

薬剤師として高いスキルを身につけたかったため、多科目を扱っている薬局であるアルカに入社致しました。
処方箋の多さや良い先輩方に恵まれたため、このまま多くの知識や技術を身につけ信頼できる薬剤師になるべく頑張っていこうと思います。

 

患者さんから信頼していただける薬剤師を目指して


薬剤師 T . M
私は医療ビルというこだわりを持って店舗を展開しているアルカ調剤薬局に興味をもちました。
それは、ビル内に様々な医院さんが入っていること、また外部の総合病院からの処方をも扱えるということから、多種多様な処方に触れられるのではないかという期待でした。
実際にアルカ調剤薬局の職場に入り働き始めてから、その期待はそのまま実現しました。先輩薬剤師の方々の知識の多さと患者さまにあわせる気遣いの深さ、調剤業務における正確さと速さに感嘆させられています。職場に入ってからも目標を持ち続けられるところだと考えています。

大阪大学薬学部は21世紀のポストゲノムサイエンスを担う君と一緒にチャレンジしたい

人間性豊かで心技共に優れた医療人を育成し、信頼された心の通いあう医療活動を行う“里仁為美”を建学の精神に、西洋、近代医薬学に和漢薬を中心とした東洋・伝統医薬学を調和させ、医薬一体の総合治療医薬学を特色としています。

富山大学薬学部のHPはこちらから





 

薬剤師国家試験対策
国家試験への道   国家試験への道
講師から国家試験合格へ...
これからの心構え   これからの心構え
国家試験予備校校長...
プロが教える勉強法   プロが教える勉強法
国試のプロが...
心の相談室
アルカ調剤薬局
アクセスマップ
Copyright(C) ARKA Pharmacy All rights reserved.