先輩の声

HOME > Voice 先輩の声 > 就実大学

Voice 先輩の声

就実大学




薬剤師 T . A
アルカに入社してはや5ヶ月になろうとしています。ふと振り返り、就職活動をしていた学生時代の自分と、今の自分とを比較してみた時に、何が一番大きく変わったか、というとそれは「会社に対して自分が求めているコトやモノ」だと思います。
就職活動をしていた時に、会社を選ぶ基準にしていたことは、地元である関西圏であること、同世代の人がたくさんいること、そしてやはり給料がいいことなどでした。他にも休みは多いほうがいい。優しい先輩がたくさんいたらいいな、とかそのようなことばかり気にしていたように思います。そして今は、大きな病院から来る処方箋を受けてみたい、とか、ある特定の疾患について現在医師はどのような診断基準や治療方針を立てているのか最先端のお話を直接伺ってみたい、もう少し小児科領域のおくすりについて勉強してみたい、など薬剤師の業務について、様々なことを思うようになりました。まずこんな風に考えられるようになったこと自体、この会社が自分を成長させてくれているな、と実感出来ますし、しかもアルカは本人の希望によって、例えば大きな病院の門前である薬局に応援に行かせてくれたり、月に1度は最先端で勤務していらっしゃる医師をお招きして勉強会を開いてくれたりと、希望を現実にしてくれるところがこの会社のすごいところだと、思います。

個々の力を十分に発揮できると感じました


薬剤師 N . K
私は大学に来て下さった企業説明会でアルカの事を知りました。入社を決めた理由は、医療ビルというたくさんの科目が集まる中で、医師、栄養士、薬剤師が連携を取ることができ、個々の力を十分に発揮できると思ったからです。これからの医療の将来に必要なものだと感じました。研修制度や勉強会が充実している事も理由のひとつです。実際に働いてみて、先輩方のようには、まだまだ上手くできない事も多いですが、温かい目で見守ってくださり、細やかな所まで指導してくださるので、とても心強いです。日々勉強を重ね、患者様に信頼され、頼って頂けるような薬剤師になれるよう頑張っていきたいと思います。

多くの診療科の処方箋に接する機会がある


薬剤師 K . N
私がアルカ調剤で働きたいと思ったのは、医療モールや医療ビルといった形態を目指していることを知り、これからは地域に根付いた医療が大事になってくると考えていた私にとっては理想の職場だと考えました。
また、会社見学では、明るく活気のある職場の雰囲気も体感できました。
今は、西神戸医療センターが前にある薬局で働かせて頂いてますが、多くの診療科の処方箋に接する機会があり日々勉強の毎日です。
先輩方のような薬剤師に早く近づけるよう頑張っていきたいです。

VOICE(先輩の声)
薬剤師 N . M
≫詳細を見る
薬剤師 A . I
≫詳細を見る
薬剤師 Y . F
≫詳細を見る
薬剤師 M . M
≫詳細を見る
薬剤師 M . K
≫詳細を見る
     

就実大学は医薬の進歩を見据え、高度な専門知識とくすりを扱う技術優秀な薬剤師の養成を目指しています

医薬の進歩を見据え岡山県内の私立大学として初めて設置された薬学部は、本学を訪れる外国の研究者が異口同音に称賛するのは、その設備と教授陣の充実ぶりです。チーム医療化が発展する医療の現場を見すえ、高度な専門知識とくすりを扱う技術にプラスして、優れたコミュニケーション能力を備えた優秀な薬剤師の養成を目指して教授陣も学生たちも意欲的に実践能力を有する薬剤師の育成をめざしています。

就実大学薬学部のHPはこちらから





 

薬剤師国家試験対策
国家試験への道   国家試験への道
講師から国家試験合格へ...
これからの心構え   これからの心構え
国家試験予備校校長...
プロが教える勉強法   プロが教える勉強法
国試のプロが...
心の相談室
アルカ調剤薬局
アクセスマップ
Copyright(C) ARKA Pharmacy All rights reserved.